下り最大2Gbps!NURO光の実際の速度と評判

下り最大2Gbps!NURO光の実際の速度と評判

NURO光の実施の速度は

NURO光は通信インフラにNTT東日本の光ファイバー網を使用し、伝送規格としてG-PONを採用しています。G-PON を採用することにより、WAN側から光回線終端装置のONUで2Gbpsの通信速度を提供しています。ただし、LAN側は1Gbpsが最高となります。ONUには1Gbpsの有線LANポートが3ポートと、IEEE 802.11 a/b/g/nに対応した無線LANによって接続できる仕様となっており、同時に使用した時の合計速度が2Gbpsとなります。 NURO光が伝送規格として採用しているG-PONは国際標準規格でその最大速度は2.48Gbpsです。G-PONは非常に高速ですが、国内の他の事業者では採用がほとんどありません。国内で採用されている伝送規格はGE-PONが多くを占めています。

その理由としましてGE-PONは家庭内でも使われているLANの技術を応用おり、データ転送の方法がイーサネットと同じであるため機器流用や利用機器の費用がとても安価になることが挙げられます。またGE-PONはネットワークのシステム構築もとてもシンプルに設計することができます。こうした観点からNURO光以外の事業者側から見てメリットが多いのはG-PONよりも速度が劣るGE-PONになります。その一方でG-PONを利用しているNURO光は国際規格を採用していますので、海外から安価な機器を購入することができます。

G-PONで最も大きな障壁となっているのは技術的な問題です。G-PONはGE-PONとは違い、速い通信スピードが技術的な難易度が高くなります。さらにネットワークの設計も複雑になりますので、開発期間や開発コストが高くなります。このような理由からG-PONの導入が見送られることが多いのですが、NURO光ではその技術課題に挑戦してサービスの開始に至りました。その結果、光回線サービスとしては後発の事業者ではありますが、通信速度が速い光サービスとして認知されています。NURO光では下り最速2Gbpsとなっていますが、実際には2Gbpsは出ないということが多くなっています。NURO光に限らずどのインターネットサービスでもその最大のスピードが出ることはありません。これはインターネットのスピードの表記が、他の利用者がおらず、障害物や電波の干渉が一切ない理想的な最高の環境下で通信をした場合における理論上の最大速度になっているからです。

この数値をベストエフォート値と呼びますが、どのネットサービスもこうした速度の表記はベストエフォート値で統一されています。実際にベストエフォート値が出る環境で利用することはできないため、スピードはベストエフォート値の半分の速度が出ればかなり優秀といえます。2Gbpsで必ず通信できるというわけではないことは知っておく必要があります。2Gbpsの速度が出ていなくても、実測で100Mbps以上をはるかに超え、有線では400〜900Mbps前後が出るという評判があるNURO光は、普通にパソコンやスマートフォン、タブレットでインターネットを使う場合には非常に高速な通信速度になります。

 

NURO光と他の光サービスとの比較と評判

まずNURO光とAU光を比較してみますと、NURO光は下り最大2GbpsですがAU光では下り最大1Gbpsと通信速度では劣っていますが、KDDIの光回線を使用しており全国規模でサービスを提供していることが特徴です。また選べるプロバイダは7つとなっており、NURO光のSo-netだけとは異なっています。プロバイダが選べるということは、各プロバイダで提供しているサービスが異なりますので、それだけ多くの追加サービスを選ぶことができます。さらにauのスマートフォンなどを利用している場合はスマートバリューが適用されますので、auユーザーであればNURO光よりもお得になることが評判になっています。

またNTTで使用していた電話番号をKDDIの回線に変更となった後もそのまま使用することが可能です。次にNURO光とドコモ光を比較してみますと、ドコモ光では下り最大1Gbpsと通信速度では劣っていますが、光コラボレーションモデルという仕組みを使っています。光コラボレーションモデルはNTT東日本とNTT西日本のフレッツ光の光回線をいろいろな業者に提供するサービスですので全国各地を網羅しており、プロバイダも26社の中から選ぶこともでき豊富な追加サービスが揃えられていることが評判となっています。

ドコモのスマートフォンを合わせて利用することにより割引が適用されますので、ドコモユーザーであればNURO光よりもお得になる場合もあります。ドコモのプランや契約年数などによって割引率が変わってきますので契約する前には確認しておくことが必要になります。NURO光はNURO光でんわでソフトバンクグループの回線と無料通話などができますので、契約している携帯電話の会社に合わせて検討することがポイントになります。そのNURO光でんわは、NTT一般加入電話番号があれば現在使っている電話番号と電話機がそのまま利用可能で、番号表示やキャッチ電話などのオプションサービスも利用でき、月額基本料や通話料がお得になっていることが評判のIP電話サービスです。

NURO光は回線速度が世界最速で料金でも安さでトップクラスとなっている他、速度や価格以外でもNURO光が高い評判を受けていることにカスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティというセキュリティソフトが標準装備されていることです。このセキュリティソフトの使用するためには月額500円の料金がかかってしまいますが、NURO光ですとパソコン、スマートフォンやタブレットなどのandroid端末に5台までカペルスキーのセキュリティソフトをインストールすることができますので、ウイルスやハッキング、フィッシングなどの脅威から守ることができ、ネット決済の保護機能やフィッシング対策機能もありますので、インターネットを安全に利用することができます。

また、アップデートモジュールやウイルス定義ファイルは自動的に最新の状態に更新され、月額利用料金を支払いによって継続的に利用できますので、1年ごとに契約の更新が必要なパッケージ版にはない手軽さがあります。NURO光は通信速度だけではなく、料金やセキュリティなど総合的に満足度が高いサービスです。